何を弾けばいいか困っている方へ!はじめての楽譜選びをガイドします

楽譜

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、いなです。

「楽譜がどこで手に入るかわからない…」
「どの曲を弾けばいいの…?」
「はじめてにおすすめの楽譜を知りたい!」

ピアノを弾きたい!と思ったきっかけは人それぞれで、なかには楽器をやりたくて始めたいけど何を弾けばいいのかわらなくて進めない方もいるかと思います。

ピアノ初心者の方で、このような悩みを持つ方に、今回は初心者向けの楽譜選びガイドをしていきたいと思います。

本記事の内容
  • 楽譜を手に入れる具体的な方法
  • まずは好きな曲から
  • 初心者におすすめの楽譜

これから独学でピアノをはじめようと思っている方が、楽譜を選ぶときに参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

 

楽譜を手に入れる具体的な方法

まずは楽譜が売っている場所をみていきましょう。

大きく分けると、以下の2つの方法があります。

  1. 楽器屋さんまたは本屋さんへ行く
  2. ネットで購入する

それぞれ具体的に、メリットとデメリットも見ていきましょう。

楽器屋さんまたは本屋さんへ行く

実際に売っているお店は、楽器屋さん本屋さんになります。

大きなショッピングモールに入っている楽器屋さんには必ず売っています。

例えば「島村楽器」などですね。

表の方に電子ピアノやギターなどの楽器が並んでることが多いですが、店の奥へ進むと楽譜のコーナーがあります。

教本からクラシックPOPSアレンジ集までさまざまな楽譜が置いてあります。

本屋さんは楽器屋さんと同じような感じでたくさん置いてあるところもありますが、売ってないことも多いので注意が必要です。

私も昔は本屋さんに行く機会が多く、ついでに寄って買っていましたが、今はあまり見かけないですね。

とくにショッピングモールなどに入っている本屋さんの場合は、楽器屋さんもあることが多いためか、楽譜は売られていません。

そういう場合は楽譜ではなく、音楽理論などの本や、雑誌が置いてあります。

メリット

実際に手に取って見ることができるのが一番良い点です。

パラパラとめくるだけでも、なんとなく自分に合った難易度のものを探すことができます

買ってかえればその日すぐに弾けるのも嬉しいですね。

デメリット

わざわざ足を運ばなければならないので、「ちょっと面倒…」という方もいるでしょう。

「近くにない!」って人も多いかもしれませんので、そういう方はせっかく楽器を買っても楽譜選びで億劫になってしまうかもしれません。

ネットで購入

今はインターネット上でも色々なところで楽譜が買えます。

お店にあるものはだいたいAmazon楽天市場などで検索すれば出てきますし、楽譜専門のサイトもあります。

中でもヤマハの「ぷりんと楽譜」はとても便利で、1曲から数百円で購入できるのが魅力的です。

さらに同じ曲でも入門レベルから上級者レベルまでレベル別に販売されていることもあるので、自分に合ったものを選びやすくなっています。

上級者になると好みもあり少し物足りないかもしれませんが、初心者の方はまずこちらで探してみても良いかもしれませんね。

下のボタンで飛べるので一度見てみると良いですよ。

メリット

ネット購入のメリットは、その手軽さと、種類が豊富であることです。

店だと限界があり、楽譜が見つからないこともありました。

ネットなら、もし欲しい楽譜が決まっていれば検索で一発ですよね。

デメリット

購入するまで実際に見ることができないので、難易度が判別しづらいです。

難しくて弾けそうにないものを買ってしまったり、逆に簡単すぎてつまらなかったり…。

返品ができるとしても、時間がかかってせっかくのやる気がそがれるかもしれません。

まずは好きな曲から

初心者の方の楽譜選びの結論は、まずは自分が好きな曲や「弾きたい!」と思った曲でOKです

理由としては以下の3つがあげられます。

  • 知っているから弾きやすい
  • 上達が早い
  • その曲からも学べる

それぞれについてもう少し具体的にお伝えします。

知っているから弾きやすい

楽器は自分の音を耳で聴きながら演奏しますよね。

もともと自分が知っている曲だと、正しい音がわかるのでとても弾きやすいですし、間違いに気づくこともできます

そのため、楽譜が読めるようになりたいという方にもおすすめです。

知らない曲を弾くよりももっとスラスラ弾けるようになります。

上達が早い

上達するにはたくさん弾くのが一番です

弾けるようになりたい!と思った曲なら意欲をもって取り組めます。

実際に私は、ピアノ教室で出される課題を放置して3か月以上同じ曲を弾いていたりしました。(笑)

これでは習っている意味もありませんね。

それよりも、自分が弾きたい楽譜を自分で買って弾いていた時の方が、上達のスピードは圧倒的に速かったです。

人によると思いますが、私のように縛られるとうまくいかない方もいるので、好きな曲をたくさん弾いて上手くなるという方法もあります。

その曲からも学べる

皆さんの中には、「弾きたい曲があるけど、自信がない…」「基礎からきちんと学んだほうがいいのでは?」という人もいるかもしれません。

ですが大丈夫です。

確かに、「プロを目指したい!」「もっと技術を身に着けたい!」という方は、基礎練習が必須となってきます。

ですが、自然と身につく技術もあります。

初めてでよくわからない方や自分のペースで楽しみたいという方には、自分がただ弾きたいという曲であってもそこからたくさん学べることがたくさんあります

多少難易度が違っても、自分が好きな曲を弾けば問題ありません。

むしろ好きな曲からどんどんチャレンジしていきましょう。

スポンサーリンク

初心者におすすめの楽譜

とはいっても、「弾きたい曲もよくわからない」「好きな曲がない」という方もいるかと思います。

そんな方向けに、以下の5つの目的別におすすめの楽譜を紹介します。

  • 超初心者でもとりあえず弾きたい!
  • 基礎を練習したい!
  • かっこよく弾ける楽譜がほしい!
  • みんなの前で面白い曲を弾きたい!
  • 子どもに弾いてあげたい!

それぞれ見ていきましょう。

初心者でもとりあえず弾きたい!

とりあえず何か弾きたいという方は、簡単なクラシック曲を選んでみましょう。

単体であれば、バッハ作曲の「メヌエット ト長調」などがおすすめです。

先ほど紹介したぷりんと楽譜でも購入できますよ。

簡単ですぐに弾けてしまうと思いますので、もっと色々弾いてみたい方は複数入っているピアノ曲集を買ってみると良いです。

おすすめは「ピアノ名曲110選」というシリーズで、ピアノの名曲を難易度で分けて全3巻に収録しているピアノ曲集です。

その中で一番簡単な「グレードA」は初心者さんにとってもおすすめです。

先ほどのメヌエットト長調も入っていますよ。

基礎を練習したい!

基礎から練習したいという方は、教本(教則本)がおすすめです。

楽譜を読むのもピアノを触るのも初めてという方は、入門書の「バイエル」をやってみましょう。

もう少し難易度を上げたい、簡単すぎるとつまらなくて飽きちゃうという方は、「ツェルニー」がおすすめです。

バイエルについては詳しく他の記事に書いていますので、よかったら読んでみてください。

また、以下の記事で教本をレベル別に紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

かっこよく弾ける楽譜が欲しい!

好みもありますが、個人的にはかっこいい曲を弾きたいならジブリ曲がおすすめです。

ジブリ映画は見たことがありますか?

ジブリは映像も大変美しいですが、曲も素晴らしく、みんながかっこいいと思うものが多いです。

知名度が高いのもポイントですね。

オーケストラ演奏が多いですが、ピアノアレンジも多く出ています。

あまり知られていませんが、ジブリの曲をたくさん手掛けている久石譲さんの曲が入っている「ENCORE」というピアノ曲集が個人的には超おすすめです。

初心者の方には少しだけ難しいものもあるかもしれませんが、比較的易しく無理せず弾けるものもたくさんあり、素敵な曲が詰まっています。

他にもジブリ曲集は人気の楽譜でたくさんあるので、チェックしてみてください。

みんなの前で面白い曲を弾きたい!

面白い曲を弾いてみんなの注目を浴びたい!という方は、ゲーム曲などがおすすめです。

私も小学生の時は教室のオルガンでゲームの曲を弾いて、他のクラスからも聞きに来られるほど注目され、かなり得意げにしていました。(笑)

私はマリオのゲームが好きなので例えばこんな感じです。

他にもたくさんありますよね。

店舗よりネットで探す方がたくさん出てきておすすめです。

お好きなものをぜひ検索してみて下さい。                                          

子供に弾いてあげたい!

自分の子供や姪っ子甥っ子、孫に弾いてあげて喜ばせたいという方もいると思います。

そういう方は、子供が好きなアニメの曲を選ぶと良いです。

例えばアンパンマンやドラえもんは王道です。

もう少し大きいお子さんだと少年ジャンプの人気漫画のアニメ曲などでしょう。

こちらも、流行アニメ曲集などとしてたくさん売られているので見てみてくださいね。

まとめ

 いかがでしたか?

  1. まずは好きな曲をチェック(なければ目的に合わせたおすすめ)
  2. 楽器屋さん本屋さんへ行く、もしくはネット(Amazon、楽天市場、ぷりんと楽譜など)で検索して購入する

 楽譜選びに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました