拍ってなに?拍子についての理解と種類・小節について

楽譜の読み方
スポンサーリンク

こんにちは!

ピアノ初心者のための<楽譜の読み方講座>第4回です。

前回はシャープやフラットなどの変化記号についてお話ししました。

すべての音符の音が読めるようになったところで、次は曲のリズムを決める、音符の長さについてみていきたいと思います。

今回はその準備として、拍・拍子と小節について簡単にお話ししたいと思います。

本記事の内容
  • 拍と拍子
  • 拍子の種類
  • 小節とは

スポンサーリンク

拍とは?

まず、音楽にはリズムがありますね。

繰り返される動きや、進行のことです。

これをリズムと呼び、等間隔の基本的なリズムのことを『拍節』といいます。

そしてそれを構成している一つ一つの時間単位がです。

少し難しく書きましたが、いわゆる『ビート』が『拍』です。

例えば曲に合わせて手をたたいた時、その手拍子一つ一つが拍です。

そしてみなさんも拍をとってみるとわかるかと思いますが、拍は重くとったり軽くとったりすることが多いですね。

これらを『強拍』『弱拍』といいます。

そしてこの拍の連なり拍子です(拍そのもののことを言ったりもします)。

言葉でいうとわかりづらいですよね。

なんとなーくわかれば大丈夫です。(笑)

もっと細かく知りたい!という方にはまた別の記事に詳しく書いておきます。

拍子の種類

拍子にはいろんな種類があります。

順番に見ていきましょう。

単純拍子

例えば、童謡の『ウサギとカメ』で「もしもしカメよ」に合わせると、

 2

 2…

というふうに拍が取れます。

2拍に1回強拍をとり、2拍でひとまとまりになっています。

これを2拍子(にびょうし)といいます。

他に、童謡の『ぞうさん』は、「ぞ~うさん、ぞ~うさん」に合わせて拍をとると

 2 3

 2 3…

となりますね。

これは3拍でひとまとまりなので、3拍子(さんびょうし)といいます。

あとはもうひとつ、皆さんも知っている「となりのトトロ」の『さんぽ』という曲では、「あるこう、あるこう」に合わせて

 2 3 4

 2 3 4…

と拍をとりますね。

3拍目に強と弱の中間くらいの拍がくると考えられます。

これは4拍でひとまとまりになっているので4拍子(よんびょうし)といいます。

2拍子と4拍子は区別がつき辛いですね。

メロディーで判断するのではなく、伴奏を聴いてみるとわかりやすいかもしれません。

ですが、「この曲は何拍子か」ではなく、楽譜を読んで実際に弾く時に「どう拍をとるのか」が大切です。

このように、2拍子、3拍子、4拍子を単純拍子といいます。

この単純拍子が基本となり、他にもさまざまな拍子がつくられます。

複合拍子

例えば、2拍子を大きくとって、それぞれその1拍の中に3拍子をいれて、

 2 3、  5 6

 2 3、 4 5 6…

というような6拍子や、

3拍子の中に3拍子を入れて

 2 3、 4 5 6、 7 8 9

 2 3、 4 5 6、  8 9…

というような9拍子

4拍子の中に3拍子を入れて

 2 3、 4 5 6、 7 8 9、 10 11 12

 2 3、 4 5 6、 7 8 9、 10 11 12

というような12拍子があります。

この3つは、単純拍子を複合してできているので、複合拍子といいます。

混合拍子

拍子のとり方にはたくさんの種類があります。

2拍子3拍子を組み合わせて、

 2 3、 4 

 2 3、 4 

というような5拍子もあります。

これはちょっと拍を取るのが難しいですね。

他にも7拍子8拍子などなどあります。

こんな感じで単純拍子を混合させてできたものを混合拍子といいます。

言葉は覚えなくても大丈夫ですが、拍のとり方は知っておいてくださいね。

小節

曲は、この拍子という小さなまとまりが連なって作られています。

楽譜では、このまとまりをわかりやすくするために、線で区切って表します

その区切られたそれぞれを小節といいます。

区切っている線は小節線と言います。

強拍(拍子の頭)額るごとにこの小節線で五線を区切ります。

この小節線にも種類があります。

  • 普通のとき=1本線の縦線
  • 曲の途中で拍子や調が変わるとき=2本線の複縦線
  • 曲の終わり=2本目が太くなった終止線

となります。

また、これにちょんちょんっと点をつけて、繰り返しを表す反復記号になったりもします。

この小節があるおかげで、楽譜がとても読みやすくなり、リズムもとりやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

少し難しかったでしょうか。

でもここの知識があれば、次の拍子記号がとても理解しやすくなります。

これで準備ができました!

次回からは本格的にリズムを読めるようになっていきます!

今回は以上です。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました