グリッサンドについての基本的な弾き方と色々な弾き方

ピアノの弾き方
スポンサーリンク

こんにちは!

「ピアノが弾けるようになってみたい!」

という方へ向けて<ピアノの弾き方レッスン>第9回です。

今回はグリッサンドの弾き方についてお話します。

本記事の内容
  • グリッサンドについて
  • 基本的な弾き方
  • 色々な弾き方

スポンサーリンク

グリッサンドとは

グリッサンド奏法とは、指を滑らせ、一音一音を区切らずに、音を流れるように上げたり下げたりする奏法です。

「チャララララ」というやつですね。

白鍵なら白鍵のみを滑らせます。

かっこいいですよね。

なんだかうまく聴こえます。

楽譜上では「gliss.」と書いていたり、波線が斜め上、もしくは斜め下に引かれます。


この上下の方向で、音の上下も表します。

はじめの音が指定されている場合が多いです。

その時は、指定の音を弾いてから、指を滑らせるようにします。

また、終わりの音が書いてある場合では、少し手前で切ってその音をはっきり弾くようにします。

グリッサンドは基本的に一定のスピードで音を移動させます

一見簡単そうなグリッサンド奏法ですが、やってみると綺麗に弾くのが案外難しいです。

さらに人や曲の表現によって様々な弾き方があります。

例えば、カーテンを固い棒でなぞるのと柔らかい棒でなぞるのとでは、カーテンの動きが変わりそうですよね。

こんな感じで、ピアノも指の当て方や弾き方次第で音が変わるのです

基本から順番にみていきましょう。

基本的な弾き方

基本的には、指番号3と4の2本の指をくっつけて弾く事が多いです。

上がっていく場合と下がっていく場合は手の向きが違います。

上げるグリッサンド

右手の場合で考えます。

音を上げるグリッサンドなら手の甲をひっくり返して、爪と皮膚の間の部分(甘皮)を鍵盤に当てて滑らせます。

最初は痛くなってくると思いますが、徐々に慣れてきます。

怪我には気を付けながら練習してくださいね。

下げるグリッサンド

こちらも右手の場合です。

音を下げるグリッサンドの時は、指の腹を当てて滑らせるのが一般的です。

一音一音を途切れさせず、一定の速度で滑らかに演奏しますので、指2本だと安定します

このとき、指だけで弾くようにしてしまうとなかなかうまくできません。

コツは、腕で手をもっていくようにすると良いですよ。

ここでも、腕や手首の柔らかさは大事になってきます。

色々な弾き方

弾き方の特徴をいくつか見てみましょう。

グリッサンドはピアノ本体によっても感覚が全然違います。

キーボードのような軽いタッチと、アコースティックピアノ、電子ピアノでもまた変わってくるので難しいところです。

色々と研究してみてください。

腹か爪か

一番わかりやすいのは指の腹側で弾くか、爪側で弾くかの音の違いでしょうか。

腹側で弾くと、肉が当たるので優しい音になります

強い音は出しにくいですね。

爪側で弾くと、硬い部分が当たってはっきりとした音になります

先ほど基本の弾き方で、右手では下がる時は腹側を当てると話しましたが、下がる時でもはっきりした音を出したい場合は、手をひねらせて2本の指の爪側を当てることもあります。

親指のみを使って弾くこともありますよ。

角度

指先の角度でも、音は違ってきます。

指を寝かせるようにして当てる面積を広げれば、やわらかい感じのグリッサンドグリッサンドになります。

逆に、指を立てて当てる面積を少なくするようにすれば、尖った感じのグリッサンドになります。

指の本数

基本的には2本の指でしたが、指の本数を変えることでも表現が大きく異なります。

例えば、より豪華な音を出したい時は指の本数を増やしたりします。

こうすると「ジャラララララン」と派手な感じになります。

親指の付け根でやってる人もいたよ!

また、繊細なグリッサンドにしたい時は、指の本数を減らして1本で弾いたりします。

1本だと「トロロロロロ」といようなちょっとかわいい感じになります。

和音で

グリッサンドは単音だけなイメージが強いかと思います。

しかし、実は2音以上の和音で滑ることもあります。

オクターブにグリッサンドがついている場合は、1と5で弾いたならその後にそのまま1と5の指を滑らせます。

それ以上の和音についている場合は、その和音を弾いた後、それらの指を寝かせて滑らせれば良いです

また、右手を左手で追いかけるのも、さらに豪華さが増して良いアレンジですね。

黒鍵を使う

先ほどは白鍵を滑らせると言いましたが、黒鍵の上を滑らせるのもテクニックとして良いですね。

弾いてみると、白鍵の時とは雰囲気が変わります

クラシックではあまり見たことがありませんが、いろいろなアレンジを見てみると面白いですよ。

皆さんもぜひ弾いてみてください。

まとめ

一口にグリッサンドと言っても、いろいろな弾き方がありましたね。

3と4の2本の指をくっつけて弾く

これが基本でした。

弾き方による特徴をとらえながら、表現によって変えてみてください!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました